NOPPEのタワゴト

今年もゴールデンウイークがやってくる。

毎年ご近所の木工仲間と二人で、小さな子供達を対象に「工作教室」をやっている。

駒や竹とんぼを作ったり、砂鉄で遊んだり、レンズで火をおこしたりと、期間中毎日沢山の子供達がやってくる。木工で出た木っ端で箱を作ったりもする。金槌、のこぎり、ナイフなどを手に夢中になっている子供達は輝いている。

二年前に近所の竹を材料に笛を作ってみた。ピーピー、プープー、子供達が吹く笛はご近所一帯に響く。もう5年以上も続けているせいか、ご近所の人たちも暖かく見守ってくれている。

今回も、大勢の子供達に囲まれながらの黄金週間三日間が楽しみである。