学生時代


慶応大学の図書館前にて 1966年
慶応大学の図書館前にて 1966年

■1965年8月 慶応大学2年生三名(渕田、平沼、稲生)で結成。


■1966年春 斑目展代を加え4人編成に。

・当時はファミリー・ジャンボリーのレギュラー出演をはじめ各種のアマチュアコンサートやいろいろな大学の文化祭、各地の慶応会主催コンサートなどに出演。  放送ではニッポン放送の「フォーク・ビレッジ」や「ヤング・ヤング・ヤング」を中心にTBSテレビ「モーニング・ジャンボ」フジテレビ「お昼のゴールデンショー」ほかに出演。(以下は2003年12月現在残っている資料から、はっきりしているもののみ時系列に抜粋しました)


4/25(月)"FAMILY JAMBOREE #6"出演 MFFメンバーは渕田、斑目、稲生、平沼(日仏ホール 共演:ザ・ランブラーズ、グリーン・マウンテン・トップス、ブルー・マウンテン・ボーイズ、ブルー・グラス・ファイブ、ワンダー・スリー、サニーサイド・シンガーズ、フォー・ダイムス)


6/2 "FESTIVAL FOR FOLK FAN #1"出演 MFFメンバーは最賀(ギター)が加わり5名に。(渋谷自動会館 共演:ブリケット・フォー、サブテニアン・ホーム・シッカーズ、リアルマッコイズ、ブルーグラス・ファイブ、森山良子、フロッギーズ、フォー・ダイムス)


6/17(金)"FAMILY JAMBOREE #7"出演 (日仏ホール 共演:ザ・タフィーズ、ザ・アイスバーグ、フォーセインツ+1、ブルーマウンテン・ボーイズ、ロスト・シティ・ランブラーズ、BLUE GRASS FIVE)


7/15(金)"フーテナニー"出演(共立講堂 共演:アイス・バ^グ、ブルーマウンテン・ボーイズ、ブリケット・フォー、タフィーズ、小室等、六角幸生、小林雄二、オクス・ドライバーズ、森山良子、ヤバックス、ニュー・フロンティアーズ、フォー・セインツ+1、西村マキ、ブルーグラス・ファイブ)


10/15(土)"BEST OF JAMBOREE"出演(日比谷野外音楽堂 共演:石垣忠彦、ブリケット4、NOT、三崎ともやす、クイーンズ・フォーク、フォー・セインツ、ブルーグラス・5、ドクターズ&ゲスト、ニュー・フロンティア-ズ、小林啓子、アイス・バーグ、ハミング・バーズ、ランブリング・バーミンズ)


12/19"FAMILY JAMBOREE #10"出演 MFFメンバーはベースは平沼に替わり景山 曲:BECAUSE ALL MEN ARE BROTHERS, THE MAN COME IN TO EGYPT, DON’T THINK TWICE, MONDAY MORNING , IF I HAD MAY WAY (厚生年金小ホール 共演:アイビー・トワインズ、ハミング・バーズ、ロストシティ・ランブラーズ、ザ・アイスバーグ、SEIKO TANI、グリーン・マウンテン・トップス、ブリケット・フォー、フォー・セインツ)


■1967

6/27(火)"FAMILY JAMBOREE #12"出演 MFFメンバーは最賀が抜け、ニューフロンティアーズから新庄が移籍。(渋谷児童会館ホール 共演:アイビー・トワインズ、ブリケット・フォー、フォー・セインツ、THE SONS OF NIRGINIA)


11/28 第一回MFFコンサート開催(渋谷児童会館)司会:前田武彦 ゲストはレヴァリーズと小林啓子。飛び入りで黒沢久雄。バッキングサポートKWFMA(慶応世界民族音楽研究会)メンバーに松本(ドラムス)が参加。5人編成となる。


12/26 "TAG-RAG #7"出演(日仏会館ホール 共演:ザ・アイスバーグ、ザ・ピッギーズ、ジェリービーンズ、ザ・ギャンブラーズ、他)


■1968

3/4「ヴァイタリス・フォークビレッジ第8回フォークフェスティバル」出演(都市センターホール 共演:ザ・ワイルドワンズ、キャッスル&ゲイツ、菅原進、フォーセインツ、ジャックス、エルマノス・アンベ、ザ・ローン、広川明美、森山良子、ザ・マイクス、フロッギーズ)


3/13〜 九州ツアー。福岡は慶応義塾命名百年記念福岡演奏会出演(福岡市電気ホール)、大分など


4/21 「東京フォークフェスティバル」出演(東京フォーク連盟主催、共立講堂、共演:ワイルドワンズ、カッペーズ、ニューフロンティアーズ、KWFMS、フロッギーズ、広川あけみ、ザ・クバランズ)


5/21 "THE ICEBERG SHOW"出演(共演:ザ・ニューフロンティアーズ、広川明美、ザ・ピッギーズ、ザ・トライポッズ)


6/25 「バイタリス・フォーク・ビレッジ第10回記念フォーク・フェスティバル」出演(ニッポン放送主催、虎の門ホール、共演:ワイルドワンズ、オッコとミミ、ノイズハミング、友利健三、カッペーズ、ブリケット・フォー、アイビー・トワインズ、キャッスル&ゲイツ、ブロードサイド・フォー、ジャックス、岡林信康、広川明美、金子ひろあき、菅原兄弟(ビリーバンバン)、ニューフロンティアーズ、フォーセインツ、フロッギーズ、相良直美、ほか)


9/1「バイタリス・フォーク・ビレッジ第11回フォーク・フェスティバル」出演(久保ホール 共演:ザ・ワイルドワンズ、森山良子、麻田浩、フロッギーズ、ビリーバンバン、ノイズハミング、メイフォーク・シンガーズ、エージー・タッカーズ、ドライポッド、グッピーズ、遠藤賢ニ、藤原豊)

 

 

11月 「朝焼けの中に」「ひとりぼっちの雨の歌」(東芝EMI)発売。

12/24「FOLK '68 クリスマスコンサート」(厚生年金ホール 東京12チャンネル、キョードー主催)参加。共演 ザ・ワイルドワンズ、森山良子、佐々木勉、ザ・フォーセインツ、アイビー・トワインズ、ザ・ライジングサンズ、広川あけみ、加藤和彦

 

■1969

3/9 第38回 スチューデント・フェスティバル ゲスト出演(大妻講堂)共演:ピオニーズ、ニュー・ブルー・ストリングス、パードリックス、メリーメーカーズ、メイフォークシンガーズ、ウエイフェアリング・ストレンジャーズ他

 

3/19 大学卒業と時を同じくし、「さよならコンサート」(虎ノ門日消ホール)を開催。

 

6月 前記「さよならコンサート」のために落合和徳さんが作詞・作曲した「さよならは言わないで」を発売B面は「今日も夢見る」(東芝EMI)。

 

■1970/1月 NHK教育テレビ「若者の広場」出演を最後に活動中止